奥田達士のブログ


by mop-okuda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

7月14日

朝7時半起床。
雨降り。
ざっとシャワー浴びて用意してロビーに降りると、英世さん、げんたがいた。
がまもいたな。何人か集まり次第タクシーでホールまで移動するってんでこんな感じに。
やがてマキノさん、三上さん、美術の奥ちゃんらも集い、二台でホールへ。
9時より搬入開始。
今回の装置のデビル(うちの劇団では重たき荷物を、敬意を込め『デビル』と呼び、慈しむ。)、は、舞台中央に鎮座ましまする、全鉄の階段である。
男手×6でようやく機嫌よく動いてくれる、きかん子である。
だが今回この子の上に乗らない団員はいないはずなんで、みんなで愛すことになる。

そんなこんなで柴田さん、青木さん、藤吉さん、けいちゃん、近大の藤吉さんの教え子さんらのごっついヘルプのお陰で、昼すぎ頃にはあらかた装置が舞台にそびえてた。
お昼はからあげ弁当、焼肉弁当、天丼の中から各々チョイスす。
午後は、げんたと三上さんと楽屋作り。
このホールで、うちの劇団は、いつも下手のロビー通路を閉めて、そこに臨時楽屋とお茶場を設置するんだ。
もちろん本来の楽屋はあるんだけど、それだけじゃ足りないからね。
机もってきて、鏡置いたり、照明ヘルプのヨシカズに言ってスタンド借りて、材を渡して衣装かけ作ったりね。
あとは衣装の早替え場を作ったり、まぁ小屋がが変わるたんびに、臨機応変にしなきゃなんない事を栄作くんらとして。
そんで最後にプレゼント用のポストカード750部を、小さい紙袋に木下マー君の指揮で男子で詰めて、なんとなくおおむね作業終了。女子は総員でどっさりの衣装の手入れ、洗濯、靴やらの手直し。
後は、なぜか実家に帰ってきたのに、あまり帰りたくないらしく、ずっとホールに居たいという神農を照明シュートの立ち位置人として残し、退館。
夜の弁当カレーライス。ちりめんじゃこ弁当。
マキノさんは「あっ!カレーだ!!カレーだぞう!!」ってニコニコ食べてた。
あすはもっとイロイロ、アレなんで楽しみにしています。
[PR]
by mop-okuda | 2010-07-14 22:05