奥田達士のブログ


by mop-okuda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大阪。朝。
人でいっぱいだった道頓堀も、休みが明けて、静かになったよ。

楽屋口の、重い鉄扉を開けて階段を下がる。
そこには、頭取部つうのがあり、神棚が奉られ、漆塗りのチャクトウバンが平で置かれてる。

テメエの名前の頭に穴があいてて、コヤイリしたら、朱い、てるてる坊主の頭みたいな木片を、その穴に突けば、準備完了。

エレベーターに乗り、
七階。

ここ楽屋。

舞台、三階。

下手ぁ踏むと出トチるぜ。

ビクビク。

最後、フィナーレ。

自問自答。

この道は、自分が選んだんだろ。

雄叫びをあげよう。

後悔は、禁止!

あー、芝居は、求める者に、ナンカ、ある。はずだ。

諦めてテメエの事ばかりじゃ、先に進めないね。

俺は、何度でも何時でも、付き合うぜ!

どうでもいい事が、案外嬉しいもんだ。

ホントに?

いつか、イイコトあんのかな?

見えるモンだけが芝居じゃねえ。

はずだ。

何故、キチリと、一言、叫ばない。

叫ばない君はキライだ。

暗い虚空に吠えろ!

いつかの通り、吠えねえあんたを、俺は、心の底から軽蔑すらあ。
俺は、少し、元気無くした。
[PR]
# by mop-okuda | 2006-05-10 22:54

忘れちまえ!

何もかにも忘れていく俺は、ドンドコドンドコいろんな、大切な思い出さへも、忘れてく。消えゆく。

ああ、今しか見えない。
いつか、どこかで、誰かに、予言されたとうりだヨ。

さて、外は、朝から突風がつんざく。

やわな看板や放置なチャリが吹き飛ぶ、倒されゆく。

今日は二つ公演なので、コヤ入りしたら、ずっと、楽屋。

外出てもいいんだけど、化粧が濃いから、市井の黄金週間を満喫してる善男善女を驚かしたくねえからな。

もっと若え頃は、イキがって、アチコチ、出たり、引っ込んだりしたけどね。

でね、何が言いてえのかと、言うとだね、松竹座サンの楽屋でオニギリが売ってんだよ!!楽屋で、オニギリ、売ってんのは、ここが、俺は、はじめて。

昆布とシャケ買った。
ニ百円。
え?
ニ百円!
はい。
安いな。
せやろ。
お、うめえな。
せやろ。
タラコも 貰おうか。
これも百円??
せやでー。
買った!

以下 次号。
[PR]
# by mop-okuda | 2006-05-03 23:34

黄金週間か…

ミナサマ イカガ オ過ゴシカ?

知ってる人は知ってるが、俺達がフランス人してる松竹座さんつうのあ、繁華な道頓堀川のほとりにありやす。

食い物屋がいっぱい。
近くに、苔むす、水掛不動さんのおわす法善寺横丁があり、石畳に打ち水打ってたりしてる。

風情があるぜ。

この辺りを織田作氏が無頼をまっとうしてたかと想うと、遠い、トオイ、昭和を、感じたくなるね。

まだ「自由軒」のカレーは食ってねえけどね。

川は流れ、流れ行く。
俺達のやってる事も流れ、流れて、消えて行く。芝居は残らねえよ。
けど、誰か様の心の片隅にナニカシラのちっこいトモシビみてえなもモンを、のこす事が叶うなら、俺達、役太郎は、生きててヨカッタと思うよ。

たぶん。


たぶんね…。
[PR]
# by mop-okuda | 2006-05-03 00:29

なんばの夜空!

大阪にいるのだ。
これから一ト月のあいだ。

松竹座さんにワラジをヌイデ世話んなってる。
一宿一飯の恩義は忘れねえよう、シャカリキヤッタルでー!!

今日は千日前のど真ん中の宿に着いて、うろうろと表通りや裏通りを歩き回り、飲み屋やら、定食屋やら、見てコヤに入って楽屋の鏡前にサラの手ぬぐい敷いて、柏手パンパン打って、出ようとしたら、大浦君がガラガラ鞄に車がついたの引いて、コヤ入りしてきた。

「リュウちゃん オハヨゴサイマス、今着いたの?」

「おはようございます!はい、今着きました。奥田さん、うまいラーメン食べに行きましょうよ!」

「あ?ん、いいよ。ま、荷物解きなよ。リュウちゃんの楽屋コッチだぜ。ツイテキナ!」
「ありがとうございます!」

大浦龍宇一君は俺と同い年だが、礼儀正しい、俺みてえな同じ男からみても真っ直ぐなイイ男だい。しかもアツイ魂の光をひっそりと燈してる。

で、楽屋の入口にリュウちゃんの名入りの暖簾かけんの手伝ったりしたが、俺はたいして役に立ちそうもない。
俺はイキがって、薄着だったので寒くなり、宿帰って上着引っ掛けて、待ち合わせてさ。
行ったんだ。

だが、その店がなかなかみつかんない。
なんか川の辺りは工事中だ。

リュウちゃんが申し訳なさそに、あっちこっちみてる。

「すみません」

「いや、なかったら、さっきのモツナベとかでもいいよね。」

「あ、あそこです!」
「これですか!?」

「はい!!」

「でも、コレドッカラ入んの?」

「モウヒトツ向こうの通りからです!」

食った。

うまかった。

うまかったぞー!

又行く約束を固く誓い合う。

大阪はホントにウメエもんが多いよ。

ヤッタルでー!
[PR]
# by mop-okuda | 2006-04-27 01:05